『催眠療法』 井手無動 著  内容紹介

saimin-mudo.jpg



著書「催眠療法」の内容の一部をご紹介します。読んで頂き興味を抱いていただければ、ぜひ購読して心の問題を見つめ解決することにお役立て下さい。
心の問題は、理解し正しく対応すれば決してこじれることはありません。こじれなければ、心の病に発展することも、投薬や入院を余儀なくされることもありません。
自分の人生だけでは体験できない様々な人生における深層の心理を知ることで、家族や身近な人の心を理解できるようになり、その人々を悩みから救うことができるだけではなく、自分自身の人生においても有意義な価値を得ることになるでしょう。
この著書の出版のために原稿を書いている頃、脳科学的な視点での説明を入れようかと思い悩みましたが、執筆当時はまだ時期尚早と判断し深層心理学の視点でのみ書いております。
この本を書く以前から、講演などでは脳と心の関係を話題にすることがありましたが、皆さんの反応がまだ十分ではありませんでした。しかしながら、ここ最近ではテレビでも頻繁に取り上げられるようになり、皆さんの関心や理解も高まってきていることを喜んでおります。
時が流れ、やっと受け入れていただける時期が来たと判断し、脳科学を踏まえて心の病を治すことを説明するために書き上げました、著書「心の病は治せる」―脳科学と催眠療法―とセットにしてぜひお読みください。
この著書「心の病は治せる」―脳科学と催眠療法―を読むLinkIcon
また感想等、メールやお手紙をいただければ、私もご返事させていただきます。

マインド・サイエンス
井手無動

ENTER

カウンター