「催眠療法」Ⅱ

saimin-mudo.com



第1章 催眠療法について
催眠療法とは

 催眠療法は、よく誤解されますが、あたかも魔法をかけるがごとく人の心を変えていくことではありません。もちろんそのように心の状態が変化していくこともあります。しかしながら、そのような場合はいくつかの条件が整っている場合であり、やってみなければ分からない世界でもあります。しかし、うまくいったとしても一般的には一時的効果しか望めないことがほとんどでしょう。
 私が本書で説明する催眠療法は、昔から行われている暗示を与える(魔法をかける)だけの催眠療法ではありません。このような単純な行為を催眠療法という名のもとで行われているが故に、「催眠療法で治すと再発することが多く、これは治療法としてひとつの弱点」と評され誤解されるのです。これから説明していく催眠療法の内容を理解していただき、これまでの古典的な桂眠療法に対する観念を振り払って頂きたいと思います。
 人は催眠状態に導かれても、無意識の中に抵抗があれば、そう簡単に暗示を受け付けません。心の病に至っている人は必ずと言ってよいほど、いったん受け入れたかに見える暗示を無意識内の原因からの力で撥ね返してきます。なぜなら心の病を作っている原因が無意識の中にあり、その原因が癒されるまでは、どんなにその人に必要な暗示であっても拒絶されることが多いのです。症状をこじらせていればいるほどその傾向が強くあります。
 人は催眠状態になって暗示を与えられることだけで、心の病が治り、悩みが消え去るような単純な生き物ではありません。そのような古典的な方法で現代の人の心は癒されるものではないのです。では、どのようにすれば人の心は癒され、病も治っていくのか、催眠療法とはいかにあるべきかを、この本全体にわたって説明していきます。催眠療法の重要な要素は、催眠導入のテクニックよりも、導入後に、苦しみ悩んでいる本当の原因の根っこがどこにあるかを見つけ出し、正しく認識させ、相談者の過去と現在の心を癒し、正しい状態に導いて解放してやるか、切り変えてやるかの技術と内容なのです。
 本書を読み進めるうちに、心の病や深い苦悩に至ったとき心がどのように傷つき苦しんでいるか、そして背後の原因によって何を心が求めているのかが、あなたにもだんだん分かってきます。
 相談者から「以前ほかの所で催眠療法を受けたことがあるが、どうしても深く催眠に入れなかった。結果、症状はよくならず無駄に終わったが、それでもここでは治してもらえるでしょうか」と質問されることがよくあります。これは催眠に入りさえすれば、どのような症状でも治るのだという誤解の代表的なものです。また、今まで何カ所で催眠療法を受けたが、「あなたは催眠に入れないからダメです」と何回か通っているうちに断られたということもよく聞きます。催眠に入れて暗示を与えるだけで心の病などが、根本的に治ることは軽い症状の場合を除いて絶対にないのです。催眠にどんなに深く入っても、一時的に効果を出せるかもしれませんが、それだけでは意昧がないのです。そんなことをしていると、一時的に楽になったり再発したりを繰り返し、治してもらっているうちにだんだんと依存心がついてくるだけで催眠療法から抜けられなくなってしまいます。
 本当の催眠療法とは、催眠に入れないといわれる人たちでさえも、的確な催眠療法で効果を出すことができるように導かなくてはいけないのです。催眠療法をする側に、心と催眠の本当の世界が分かっていれば、どのような心の病を持つ人でも、催眠に入りにくい人でも治すことが可能なのです。
 催眠に入ることさえできれば、人はどのようにでも変わっていけるように誤解されてきました。果たしてそうでしょうか。テレビの娯楽番組などでやっている催眠術、これを見たことがある人は、あんなのやらせだよと感じたり、本当にそうなったのだと信じたりと人様々な思いがあるでしょう。実際人間は催眠に導入され暗示を与えられると別人のようになったり、言われるままに行動したり、痛みを与えられても暗示ひとつで苦痛を伴わなくなってしまったり、本当かなと思えるような状態になってしまいます。
 ですからテレビなどを見て、催眠でどのようにでも変わることができるのなら、今自分が苦しんでいる悩みや身体に出ている症状を治して欲しい、消し去って欲しいと願うのはごく自然な思いでしょう。しかし、残念なことに、心の病はそう簡単にはいかないのです。なぜでしょうか。テレビでやっていることが本当なら可能なように思えるのになぜ無理なのか。それは、催眠状態というものがどういうものかが理解できれば分かってきます。人が催眠にかかっているとき、その人の意識は普段の状態とは少し違う(変性意識)状態であり、周りの人には意識がなく操られているように見えても本人はきちんと自分がやっていることは分かっているし、拒みたければ拒むこともできますが、どうでもよいことに関しては抵抗がなく拒もうとはしなくなっています。しかし、羞恥心や生命、本能にかかわることなど本人にとって重大な範躊であり、かつ望まないことに関する暗示には簡単に抵抗することができるのです。要するに全てが言われるままにはならないので、私もテレビや舞台で娯楽的な遊びの催眠を披露するときなどそのことに十分気をつけています。
 催眠状態を経験してない第三者が見ると、かかっている人はあたかも白分の意志を失って、言われるがまま、されるがままの状態に見えますが、そうではなくしっかりと意識も意志もあります。もし意識がないとすれば、それは誘導者の暗示という言語を理解し反応することができない状態であり、誘導不能になってしまいます。夢遊病者のように周りでどんなに語りかけても相手に伝わらないような状態とは違うのです。本人には全てがきちんと分かっているし、どうでもよいことや自分が苦痛でなければ、抵抗なく従ってしまう状態です。そして、催眠を解かずにそのままにしておけば自然に元に戻ってしまう単なる一時的なものなのです。
 しかし、催眠状態や暗示が長期間持続される場合もあります。そのようなテクニックを使うか、催眠暗示を持続させたいと自ら願うような場合などは、持続的自己暗示としてかなり影響が残ることもあるでしょう。これは特殊な例であって、よほどのことでない限り催眠を解こうが解くまいが、時間の問題で催眠状態や催眠暗示は消えていきます。
 それでは心の病の症状で苦しんでいる場合はどうでしょうか。同じように催眠に入って暗示を与えられることで治っていくものでしょうか。心の病の場合は、その人の無意識の領域に、症状を作って苦しめている原因となるものが存在します。だからその症状を作っている原因を消し去らない限り、一時的に暗示が受け入れられ、楽になっても結局は心の深層の領域(無意識)から暗示は拒絶されてしまい、暗示は時間とともに消えていきます。どんなにその人が暗示を受け入れたいと望んでも無理な話です。

◆目 次◆

まえがき

第1章 催眠療法について
催眠療法とは
催眠療法のあり方について
心を治すとは
トラウマ(心の傷)とは
治療者側に努力と向上
退行催眠療法とは
どのようにして症状が消えるか

第2章 症状の実際と治療理念
寂しくて一人でいられない
親の愛情を受けていない
親を殺したくなる
子供時代の環境(不安神経症)
共依存症
パニック障害
強迫性障害(強迫神経症)
症状が進行する背景
■強迫神経症の場合
■おならで悩んでいる場合
人と交流ができない
自分に自信が持てない
赤面
身体醜形(恐怖)障害
劣等感
対人緊張・あがり
対人恐怖・視線恐怖
多汗症
幼児虐待
■親からの虐待
■世代間伝達
性的不能
性的虐待
前世療法について

付 録 
自己催眠と他者催眠
自己催眠を学び活用することの価値
他者催眠術に対する誤解
他者催眠術の習得

あとがき